« Webサイトにメールアドレス | トップページ | アーサー・C・クラーク逝く »

2008年3月19日 (水)

Wineが6月に正式版リリースへ

PC UNIXでのWindowsアプリ実行環境であるWineの正式版が6月にリリースされることになったそうだ。

LinuxにWineを使ってJustsystem製のメーラーShurikenを動かそうとしてみたけど、途中で固まっちゃうし。
調べてみると、どうやら日本語文字コード絡みと思われる関数の実装がされていないみたいだった。

こいつが動いてくれれば、デスクトップ環境をLinuxに移行できる筈なんだけど…

せっかくのオープンソースなんだから自分で何とかしろってことか…

|

« Webサイトにメールアドレス | トップページ | アーサー・C・クラーク逝く »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

リンクした記事には、Googleは資金提供もしていることが書かれてますね。

そういえば、JustsystemがLinux版一太郎を開発したとき、Wineのコードを利用したとかで、その結果をコミュニティにフィードバックして、その結果Wineがβステージにあがったという話もありました。

投稿: ぽじとろん | 2008年3月20日 (木) 23時34分

Linux版PicasaはWindows版のをそのままWineで動かしてるらしいです。そのためにGoogleでWineを改良して、コミュニティに還元したそうです。

投稿: 耕士 | 2008年3月20日 (木) 20時27分

Linux版PicasaはWine使って動かすことが前提なのかな。使ったことないから知らないけど。
そうすれば、WindowsとLinuxで同じ機能を実現できるという判断なのだろうか?

PlayOnLinuxもおもしろそうです

投稿: ぽじとろん | 2008年3月20日 (木) 00時38分

Wineは、LinuxマシンにPicasaを入れたら入ってしまったみたいで、使っていると言えば使ってます。

ちなみに、WineのフロントエンドのPlayOnLinuxというのがあるようです。
http://opentechpress.jp/opensource/article.pl?sid=08/03/17/014222
私は触ったことはないですが。

投稿: 耕士 | 2008年3月19日 (水) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164695/40551919

この記事へのトラックバック一覧です: Wineが6月に正式版リリースへ:

« Webサイトにメールアドレス | トップページ | アーサー・C・クラーク逝く »