« アレな外国人の名前 | トップページ | 地上アナログ停波まで »

2006年7月24日 (月)

「空想科学読本5」出るのかよ

新聞を見ていたら、「空想科学読本5」の広告が載っていた。

このシリーズ、最初に読んだとき、「なんだ、これは?」と思った。
アニメや特撮番組について、科学的に考証するとこうなる、ということを書いた本だ。
しかし、実際には、目茶苦茶な仮定や設定を無視し、科学の様々な法則を、その法則が適用できる範囲を無視して適用するなどして、「科学的」と称する無茶苦茶な結論を出し笑いを取るに過ぎなかった。
典型的な"garbage in, garbage out"(ゴミを入れればゴミが出てくる)である。

まともな技術者ならば、あることを実現しようとしたが、その前には既存の科学法則が立ちはだかっているという状態になったときには、いかにして、それを回避するかを考える。しかし、著者はそんなことを考えずに、出来ないことをおもしろおかしく書いて笑いを取ることしか頭になかったようだ。

私自身も、似たようなことを中学生くらいの時に考えていたりもしたが、逆に言えば、この企画自体が中学生レベルのものでしかない。
しかし、その程度のものを「科学的」と持ち上げるマスコミにも困ったものだ。

果たして、5巻も今までどおりしょうもないことを書き散らすのか、それとも方針転換して、世の中の科学ファンを「これは凄い」と唸らせる内容になるのか…

|

« アレな外国人の名前 | トップページ | 地上アナログ停波まで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「空想科学読本5」出るのかよ:

« アレな外国人の名前 | トップページ | 地上アナログ停波まで »